山田とし子

山田議員

 <飯能市議選挙 最後のお願い>

民間保育園で働いてきた経験から5期20年、保育の問題を一貫して取り組んできました。飯能でも待機児問題は深刻で100人もの人が保育園に入れませんでした。これでは働き続けられません。
飯能市は民間任せ、子どもの詰め込みで乗り切ろうとしてますが、これでは子どもにしわ寄せになるだけ。のびのびと成長・発達の保障はできません。市の責任で保育所を増設、保育士処遇改善で待機児童ゼロにします。

高すぎる国民健康保険税の一世帯一万円引き下げと介護保険料の引き下げで市民の命と暮らしを守ります。

前回の選挙でお約束した中学校三年生までの子ども医療費の窓口無料化を市民のみなさんと一緒に二度にわたる署名で実現させることができました。それを力に学校給食費の無償化と保育所の待機児ゼロを実現します。

4.22山田とし子候補練り歩き

日本共産党飯能市議団さんの投稿 2017年4月22日

 <ごあいさつ>

皆さんの暖かいご支援に支えられ、元気にがんばっています。この19年間、地域の声を議会に届けてきました。自転車で走り回っているのでいつでも気軽に声かけられて、「元気に頑張ってますね」の挨拶から「飯能市は税金が高い、払いきれなくて困っているの」「商店街も人が通らない、車の通過道路よ」など、深刻な相談が寄せられます。一人暮らしの高齢者も増えて不安を訴えられることも多くなりました。子育ても老後も安心して暮らせる街づくりの市政めざして力一杯がんばります。

略歴

●1948年埼玉県秩父市荒川生まれ
●荒川中学校卒業
●すぎのこ保育園29年勤務、主任保育士
●飯能第一小、西中PTA役員、福祉保育労組埼玉県本部役員など歴任
●飯能市議5期19年、総務委員長、厚生文教委員長、西部広域事務組合議員、議会だより編集委員長など歴任
●現在、厚生文教常任委員
●家族 一男
●ブログ みなさんこんにちは!日本共産党飯能市議会議員 山田とし子です 活動報告