カテゴリー別アーカイブ: 市議団紹介

金子としえ

金子としえ

<飯能市議会議員選挙 金子としえ候補最後のお願い>

金子としえです。
市民のみなさんと取り組んで二度にわたる署名で実現した中学校三年生までの子ども医療費の窓口無料化に引き続いて学校給食費の無償化に取り組んでいきたいと思っています。街で訴えていると小学校のお子さんから強く手をふってくれます。子どもの笑顔があふれる飯能にしていきたい。
そして、待機児童問題の解決、高すぎる国民健康保険税・介護保険料の引き下げ、住民の足を守るための交通ビジョンの実現のため再び議会で働かせてください。
市民のみなさんと力合わせて全力で取り組んでいきます。

<ごあいさつ>

早いもので初当選させていただいてから6期23年がたちました。ふり返ってみると皆さんとともに、笑いあり、涙ありの23年でした。4人の子どもの成長とともに子育て支援策の充実や教育問題、夫の両親の介護の経験を通して介護保険制度の改善にも取り組んできました。しかし、社会保障は悪くなる一方で、5月に共産党が行った市民アンケートでも「老後の不安」を訴えた人は64%にものぼります。年金削減、医療費の負担増、介護保険制度の保険外しと際限がありません。市民のみなさんと力を合わせて、安心して住み続けられる飯能市をつくるためにがんばります。私は、秩父市出身なので、秩父とよく似ている自然いっぱいの飯能市が大好きです。人口減少を克服できる、「 あたたかい福祉の街づくり」へとスピード感をもって取り組んでいきたいと思います。

略歴

●1955年、埼玉県秩父市生まれ
●中央大学経済学部二部卒業
●第一保育所保護者会役員、第一小学校、飯能西中学校PTA役員、飯能民主商工会婦人部長
●飯能市議 6期20年。議会運営委員長、総務常任委員、厚生常任委員、現在:総務常任委員、国保運営協議会委員、介護保険事業計画策定委員
●家族 夫、二男二女
●ブログ 飯能市議会議員 金子としえの活動日誌


 

 


 

 

滝沢おさむ

滝沢議員

<飯能市議会議員選挙 滝沢おさむ候補の最後のお願い>

滝沢おさむです。
孫が2人学童でお世話になっています。子どもたち笑顔は私の活動の励み。今、6人に1人の子どもが貧困状態にあります。
学校給食費は2億3000万円あれば無料化は可能です。中学校までの医療費窓口負担なしの無償化を実現しました。未来への投資として、学校給食の無料化で、安心して子育てできる街にしたい。
高すぎる国民健康保険料、介護保険料の引き下げ、住民の皆さんの足の確保ために引き続き議会で働かせてください。
交通問題では今年から本格的な計画づくりが始まります。皆さんの声が生きた計画とその実現のために全力をあげる決意です。
また、初当選以来なんども区画整理事業の問題を取り上げ計画の大幅な見直しをさせました。下水道整備、並柳区画整理事業の改善に引き続き取り組ませてください。

<ごあいさつ>

みなさんに支えられて、3期12年間、市民の声が生かされる市政を求めて全力で取組んできました。
私は、地域の声を良く聞き、何が課題か、どうしたら解決できるか全国や県下の状況を調査したり、国や県の制度も積極的に活用するよう具体的な提案をしてきました。
道路や下水道、区画整理事業など住環境問題をはじめ、様々な課題をみなさんと一緒に考え一緒に解決して行きます。
より良い環境で、子どももお年よりも安心・安全に住み続けられる街づくりを目指します。

【略歴】

●1955年、埼玉県入間市生まれ
●昭和第一工業高等学校卒業
●加治東小PTA会長・飯能市学童保育連絡協議会副会長など歴任
●飯能市議3期12年、総務委員長、厚生文教副委員長、経済建設副委員長等歴任
●現在、経済建設常任委員、都市計画審議会委員
●家族 母、妻、一男一女
●ブログ こんにちは!飯能市議会議員 滝沢おさむ です

 


新井たくみ

新井たくみ

<飯能市議会議員選挙 新井たくみ候補 最後のおねがい>

私の最後の訴えです。
本日最後まで政策を訴えていきます。
高すぎる国民健康保険税・介護保険料の引き下げ、待機児童の解消・学校給食費の無償化に取り組んでいきます。
これまで全力で取り組んできた住民の足の確保、交通政策室もでき協議会での議論がはじまります。
みなさんの声がしっかり生きた計画を作り、それお実現させていくために今度の選挙で勝ち抜きます。
厳しい戦いとなっていますが、そのために皆さんのお力をお貸しください。

<ごあいさつ>
日ごろのご支援ありがとうございます。
安倍内閣のもとで、安保法制(=戦争法)が強行されて、軍事費が増える一方で、年金、医療、介護制度の改悪がすすめられ、国民の命と暮らし、市民生活が脅かされています。5~6月実施した市民アンケートには、「生活が苦しくなった」と答えた人が67%、「老後の不安」を訴える人が64%にものぼっています。国保税や介護保険料が「生活を圧迫している」という人も6割に及んでいます。若ものの雇用不安も深刻です。子どもたちや若ものが将来に希望がもてないような社会、お年寄りが安心して暮らせないような社会では日本の未来はありません。
いま必要なのは、社会保障制度の相次ぐ改悪や憲法改悪に、地方自治体が反対の声をあげること、同時に、憲法を暮らしに生かし、市民生活を守る施策(税や保険料の実効性のある減免制度、雇用や子育て支援策など)を積極的に行うことです。
私は、市民のみなさんと力をあわせて、市民が大切にされる市政の実現と平和で安心して暮らせる社会の実現をめざして全力でがんばります。

略歴

●1955年、埼玉県小鹿野町生まれ
●鯉渕学園卒業
●埼玉県職員、農業改良普及員20年
●埼玉県職員組合書記次長、農林業と食料・健康を守る埼玉連絡会事務局長、飯能日高地域労働組合連合会議長など歴任
●飯能市議5期19年、総務常任委員長、厚生常任委員、西部広域消防議会議員、農業委員等歴任
●現在:総務常任委員、議会運営委員
●家族 妻、一男二女、両親
●ブログ  新井たくみのブログ



山田とし子

山田議員

 <飯能市議選挙 最後のお願い>

民間保育園で働いてきた経験から5期20年、保育の問題を一貫して取り組んできました。飯能でも待機児問題は深刻で100人もの人が保育園に入れませんでした。これでは働き続けられません。
飯能市は民間任せ、子どもの詰め込みで乗り切ろうとしてますが、これでは子どもにしわ寄せになるだけ。のびのびと成長・発達の保障はできません。市の責任で保育所を増設、保育士処遇改善で待機児童ゼロにします。

高すぎる国民健康保険税の一世帯一万円引き下げと介護保険料の引き下げで市民の命と暮らしを守ります。

前回の選挙でお約束した中学校三年生までの子ども医療費の窓口無料化を市民のみなさんと一緒に二度にわたる署名で実現させることができました。それを力に学校給食費の無償化と保育所の待機児ゼロを実現します。

4.22山田とし子候補練り歩き

日本共産党飯能市議団さんの投稿 2017年4月22日

 <ごあいさつ>

皆さんの暖かいご支援に支えられ、元気にがんばっています。この19年間、地域の声を議会に届けてきました。自転車で走り回っているのでいつでも気軽に声かけられて、「元気に頑張ってますね」の挨拶から「飯能市は税金が高い、払いきれなくて困っているの」「商店街も人が通らない、車の通過道路よ」など、深刻な相談が寄せられます。一人暮らしの高齢者も増えて不安を訴えられることも多くなりました。子育ても老後も安心して暮らせる街づくりの市政めざして力一杯がんばります。

略歴

●1948年埼玉県秩父市荒川生まれ
●荒川中学校卒業
●すぎのこ保育園29年勤務、主任保育士
●飯能第一小、西中PTA役員、福祉保育労組埼玉県本部役員など歴任
●飯能市議5期19年、総務委員長、厚生文教委員長、西部広域事務組合議員、議会だより編集委員長など歴任
●現在、厚生文教常任委員
●家族 一男
●ブログ みなさんこんにちは!日本共産党飯能市議会議員 山田とし子です 活動報告



山田とし子議員 個人演説会のお知らせ

山田とし子候補の個人演説会のお知らせです。

●4月20日14時から宮本会館にて
●山田とし子候補者と柳下礼子埼玉県会議員がお話しします。

みなさんお誘い合わせのうえぜひお越し下さい。お待ちしております。

日本共産党飯能市議団さんの投稿 2017年4月17日

新井たくみ候補の個人演説会のお知らせ

新井たくみ候補個人演説会のご案内ができました。拡散よろしくお願いします。

●‪4月19日(水曜)夜7時から‬
‪原市場行政センター(公民館)‬
‪新井たくみ候補、辻もとみ衆院8区予定候補が話します。‬

●4月20日(木曜)夜7時から東吾野行政センター
新井たくみ候補と柳下礼子県議がお話します。‬

‪ぜひ、ご参加ください。‬

日本共産党飯能市議団さんの投稿 2017年4月17日

金子としえ候補個人演説会のお知らせ(4月19日)

金子としえ候補個人演説会は
4月19日、水曜日、午後2時
美杉台公民館視聴覚室。
柳下礼子県議が応援弁士に立ちます。

金子としえ候補が街宣の中で、小中学生が一生懸命手を振っている姿が目立つようになりました。学校給食費無償化への期待を感じま…

日本共産党飯能市議団さんの投稿 2017年4月17日